騒がしく口笛を吹く彼女と季節はずれの雪

意味のある偶然は奇跡と同じ
みんなで「手作りカレー」のことを考えてみよう。それほど難しい事って無いと思うんだよ、「トニックウォーター」については。

熱中して自転車をこぐあいつと冷めた夕飯

明日香は、短大に入って一番に親しくなった親友だ。
明日香ちゃんの長所は、人を否定しなくて、小さなことは、どうでもいいという寛大さ。
私の方から、友達になってと言ってきたようだが、覚えていないけれど、そんな気がする。
一緒にいると、すべてシンプルになるので、とっても安心する。
シャープな印象でスキニーなのに深夜にハンバーグを注文しに行ったりするらしい。

泣きながら吠える子供と冷たい雨
人によって、好きなものや好みが存在すると思っているけれど、どんな感じか聞いてみるのが大好き。
友達に聞いてみたところ、金、良い生地の下着、母のことが大好きとの事。
さらに、男性の血管の出た手首。
それと、スペイン語の響き。
私には不明。
屋台のリンゴ飴、シャツを身につけないで薄手のニット、アバクロの香水、ハスキーボイスの男性が好きだと、言ってみた。
全く理解不能だとの事だった。
まさにこれは、フェチという分野だという。

雨が降る火曜の夜は椅子に座る

少し前まで、入社して多くの仲間に囲まれて属していた。
しかし、何年かすると、人とチームワークを組んで仕事をするのが向いていないと実感した。
拘束時間が時間が長く、チームを組んで行うので、仕方のない事だが、噂話がしょっちゅう。
それを聞きたいと思えばじょうずになっていけるのかもしれない。
しかし、別にいいじゃんとしか思えない運命なのだ。
厄介なことに、作業がスローな人に合わせて進めるという辛抱ができない、早い人に合わせられない。
周りは努力が見られない!と感じるだろうが、母には運命なのだと言われた。

気分良く踊る彼女とあられ雲
割と大きなスーパーで食料品を探していた。
冷凍食品部門でドリアを探していた。
いろいろ探していたら、韓国語で書いてある箱を発見した。
写真を見ると、韓国のおもち、トッポギだった。
今年、韓国まで遊びに行ったときに、何度も韓国に渡航している親友にごり押しされたのがトッポギ。
日本でも冷凍食品として、屋台のトッポギが売られているなんて、驚きだった。

じめじめした大安の朝にビールを

近頃、大衆小説を精読するのは少なくなったが、以前に北方謙三版の水滸伝にわれを忘れるほどはまっていた。
違う作者の水滸伝を見た時は、物足りなくて、夢中にならなかったが、水滸伝の北方謙三版を読破したときは、魅了され、読むのが止まらなかった。
仕事の昼休みや仕事が終わってからの食事中、入浴中でも精読して、1日一冊ずつ読みあさっていた。
登場人物が血が通っていて、男らしい登場人物がものすごく多く、そういったところに夢中になっていた。

一生懸命走る父さんとよく冷えたビール
昔、はたちの時、仲良しの3人で飛行機で釜山にツアーに行った。
初めての日本以外の国で、ホテルに2泊3日の宿泊だった。
メインをしばらく歩いて、ワクワクしてたけれど、その後道に迷ってしまった。
日本語はもちろん通じないし、韓国語も全然通じなかった。
パニックになっていると、韓国人のお兄さんが、上手な日本語でメインの場所を話してくれた。
学生時代に日本に留学して日本語の知識習得をしたとのこと。
それがあって、無事、素晴らしい海外見物を続けることができた。
次の日、タクシー乗り場で道を案内してくれたその人になぜか出くわした。
「またきてね」と言われたので、嬉しくて韓国が好きになった。
いつも行ける時には韓国への旅が実現される。

陽気に体操する母さんと電子レンジ

新人の頃、無知で、大変なトラブルを起こしてしまった。
心配しなくていいといってくれたお客さんたちに、お詫びの仕方も分からず、号泣してしまった。
お客さんが、高そうなカフェオレを差し入れと言いながらくれた。
勘違いで2個注文しちゃったんだよね、と言って全く違うドリンク2つ。
高身長で、痩せててすっごくさわやかな顔つきをした男性。
嬉しかったな、と思う。

雲の無い土曜の午後に座ったままで
暑い時期っぽいことを今年はやっていないが、友人たちと来週、コテージをかりて炭を使ってバーベキューをやる。
いつもの定番だけれど、たまには、息抜きになる。
男手が少ないので、すごくたくさん準備をしないといけない。
特に、炭の準備が、女の人は不得意な人が多いので、活躍しないと。
そうは言っても必ず皆でお酒をがぶがぶ飲むその時は、お酒を飲みすぎない様に気をつけよう。

夢中で踊る君とオレ

恐ろしいと感じるものはたくさんあるけれど、大海原が一番怖い。
しかも、タヒチやオーストラリアなどの水色の海ではない。
それ以上の恐怖は、しまなみ海峡などの濃い海だ。
つい、どこを見ても海、という状況を想像してしまう。
それが味わいたかったら、オープンウォーターというシネマがお勧め。
ダイビングで海のど真ん中に置いてけぼりの夫婦の、トークのみで展開していく。
とりあえず、私にとって恐怖の内容だ。
実際に起こり得るストーリーなので、臨場感は大変伝わるだろう。

雨が降る水曜の午前はお酒を
昔ものすごくデブだった時代に、毎回欠かさなかったのがハニートーストだ。
ピークの時は、夕飯の後に2枚以上食べていた時期もあった。
最悪なことにそれと同じくして、マッシュポテトにはまってしまい、肥満体型の世界へ直行だった私。
試みたダイエットが、無理のあるものばかりだ。
最初は、スープダイエット。
これは2週間程おんなじスープしか口にしない食事だ。
外出先にも水筒に入れて持って行ったという徹底さ。
それに断念して、こんにゃくを夕食に置き換えるというダイエット。
これらは、今の自分には無理。
その後、3年ほどで栄養バランスを気にするようになると、気が付くと元の体型に。
なんでもコツコツとやるのが一番。

◎サイトカテゴリ

◎サイトカテゴリ

Copyright (c) 2015 意味のある偶然は奇跡と同じ All rights reserved.